読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

位相幾何学と不完全情報空間の戯書

初代ぷよルールの考察と文章の練習

第一回AC初代ぷよぷよ頂上決定戦感想

ぷよ

敬称略です

 

続きを読む

ファイアーアップが読者からの質問を変幻自在に答えるコーナー

クソ

f:id:naninunenosi:20161211000721j:plain「どうもはじめまして、ファイアーアップです」

f:id:naninunenosi:20161211000939j:plain「相棒の@uennismの家です」

f:id:naninunenosi:20161211000721j:plain「このコーナーは今までこのブログに寄せられて来た質問にどしどし答えていくコーナーです」

f:id:naninunenosi:20161211000939j:plain「どんな質問が来ているんでしょうか、では早速行ってみましょう」

 

 

続きを読む

初手2手まとめ

ぷよ

まずABから始まる初手パターンから。

ABは34列目置き固定です。

ABAA

f:id:naninunenosi:20161107001515p:plain

中央不定形の要の端に接している横3を作りに行きます。

 

ABAC

f:id:naninunenosi:20161107001210p:plain

上と同様に、最下段の横3を狙いに行ける形を維持します。

 

ABAB

f:id:naninunenosi:20161107001237p:plain

連鎖土台が難しいので今はタワー土台にしています。

 

ABCC

f:id:naninunenosi:20161107001537p:plain

AAAB、ABACと同様に最下段の横3を狙います。場合によっては34が高くなって難しくなります。

 

ABCD

f:id:naninunenosi:20161107001444p:plain

有名な魔法陣です。

 

 

以下AA。基本的にゾロ落としはタワー志向、12or23は連鎖志向です。

 

AAAA

本来はネクスト判断してこう置きたい形です

f:id:naninunenosi:20161107001724p:plain

しかし操作ミスして多々下図のようになります。

f:id:naninunenosi:20161107001730p:plain

これは個人的にはあまり良い形だとは思ってません(上から回収するタイプの連鎖を考える時に、赤の連結が足しづらいことや12列目が死にがちになる)

 

AAAB

 

f:id:naninunenosi:20161107002147p:plain

f:id:naninunenosi:20161107002105p:plain

5式orABAAと同様の形です

 

 

AABB

この初手はバリエーション豊富です。

 f:id:naninunenosi:20161107012949p:plain

234列目縦置きはタワー寄りの土台になります。

2345置きはL字にしないことに気を付ければ他の横3を敷き詰める初手と似たような扱いができます。

f:id:naninunenosi:20161107002335p:plain

12置きは基本3式or1式タワーを見ます。背中が狭いので、確定が遅い時に連鎖移行をするなら真ん中から破壊する形になりやすいです。下で触れる1手目3タテと同様に3手目にABが来たときは2手目を右に一列ずらすことで5式の良形を作り出すことが出来ます。

2323置きは連鎖を狙った置き方でありながらいきなり2段の段差が生まれているので少し組みづらいと思います。

f:id:naninunenosi:20161107002338p:plain

 

3列目落としは4式or5式orずらしタワー寄りの土台です。2手目は3手目がABの時にネクスト判断で一個右に離すことでちぎることなく5式の良形を作り出します。これは23置きの時には出来ない3列目縦置きのメリットです。この判断に失敗しても、上の1手目12横置きのタワー土台と違って確定しつつ3連結の土台が作れるのもポイントです。↓比較

f:id:naninunenosi:20161107015830p:plain

また、背中が広いので確定が遅くなる配ぷよでも背中からの連鎖移行がしやすいです。

 

AABC

 

f:id:naninunenosi:20161107002450p:plain

f:id:naninunenosi:20161107002454p:plain

ずらしタワー土台or連鎖です。23置きは連鎖を狙う上ではABCCやABBCと似たような扱いができます。12はやや変則的な形になりがちです。

Bぷよツモ→ぷよシミュレーター(IPS)のURL、ツモパターン表記→Bぷよツモにしてくれるアプリを作った

ぷよ

題の通りです。

このPC、たーぼーさんが作ってくれたBぷよツモ→IPSがない!⇒作ればいいか!⇒ついでにC#でwinアプリにするか!という思想の元で作られました。

Bぷよのツモファイル、または録画からの変換で得られる配ぷよテキストファイルをIPSURLにしたり、一般的なツモパターン表記(ABCDとか)をBぷよのツモファイルとして4色パターンを網羅して出力します。

ちなみに5色目(青)には対応してません。

 

以下スクショ

 

起動してすぐの画面

f:id:naninunenosi:20160928100503p:plain

 

 

ツモパターン→Bぷよツモで出力したファイル(ABCD) 

f:id:naninunenosi:20160928101105p:plain

 

 

もう一つの画面

f:id:naninunenosi:20160928100505p:plain

そのファイルにおける初手2手パターンのそれぞれの出現率、出現回数も計算してくれます。

 一般的確率というのは4色どのツモも出る確率が同様に確からしいという条件の下で計算された確率です。「この試合は○○が普通に比べて多かったんだな~」とかいう比較にでも使ってください。

 

本当はリプレイファイル解析とかしたかったんですけどハードルが高かった(というか何からやればいいのか分からない)ので今回は諦めました。

 

ダウンロード↓

https://1drv.ms/u/s!Atkn6GlQN-VvjyIaA07loTxBgDbz

 

10/5

シュミレーターじゃなくてシミュレーターじゃん

11/4

ツモを上下逆に出力していたというバグを発見したのでそのうち直します 

 

千早式のABACCD

ぷよ

f:id:naninunenosi:20160921230019p:plain

なんとなく千早式について考えてみたくなった。

今回は、この手はこう置くのが良いのではないかという提案とその後の展望。

f:id:naninunenosi:20160921231742p:plain

 

続きを読む

中央始動における多色発火に発展させやすい形(ABCCADDDなど)

ぷよ

f:id:naninunenosi:20160829181609p:plain

この形の有用性について自分の確認も兼ねてまとめ。

 

続きを読む